1. HOME
  2. ブログ
  3. 『ミツバチ』を支える高校生活動家〈金田ゆうなさん〉

『ミツバチ』を支える高校生活動家〈金田ゆうなさん〉

~多彩で多才な子どもたち~

名古屋市立名東高校2年・国際英語科に通う金田ゆうなさん。
7月~10月の週末、緑区にあるカフェでオリジナルレシピのハチミツスイーツを提供していたゆうなさんに「ミツバチ」についての活動について話を聞いてみました。

 

―ミツバチに関する活動をしようとしたきっかけを教えてください。

中学3年生のとき、船橋康貴さん(養蜂家・環境活動家)の話を聞く機会があり、「この世界からミツバチがいなくなると4年以内に地球は滅びる」の言葉に驚きを受けました。今、世界的にミツバチが減っているそうです。世界の食料の7割はハチの受粉を媒介としているからこそ、ミツバチの減少は私たち人間にも関わるのだと知りました。

その原因として殺虫剤や除草剤として撒かれるネオニコチノイドという農薬の散布。それをミツバチが浴びてしまうことが多いため、生態系が脅かされているとのこと。ヨーロッパでは規制されている国が多いのですが、日本ではつい最近規制がかかったばかり。以前はむしろ緩和してミツバチを傷つけていました。そんな話を知り、これからの社会に対して不安を覚えるとともに、自分でもミツバチを守る活動をしたいと思ったのがきっかけです。そのとき一緒に話を聞いていた友人(活動名kinokobito)と現在は講座やワークショップ、カフェなどを通してミツバチを知ってもらう活動をしています。

―カフェでのハニースイ-ツについてお聞かせください。

友人と一緒にレシピを考案し、母親と縁のあるカフェに協力してもらいました。期間限定(7月~10月)でしたが多くの人に知ってもらえる場ができて嬉しかったです。ここでの活動はミツバチを知ってもらうためであり、ボランティア(無給)で行っていました。また、ハニースイ-ツの提供だけでなく様々な経験をさせてもらえて社会を知る一歩にも感じました。

 

―学校でもミツバチを知ってもらう活動はされていますか?

校内スピーチではミツバチについての英語スピーチをしました。また、今年の文化祭はミツバチを題材にクラスで出し物をしました。養蜂家の協力を得たり、ミツバチがいる世界・いない世界で作ったカレーの違い等、多くの生徒に楽しみながらミツバチを知ってもらうことができました。様々な形を通して伝えているのはミツバチを守りたいのとともに、ミツバチを通して自然環境に目を向けてほしいからです。

 

―カフェ以外の活動について教えてください。

名古屋を拠点として親子で一緒に遊ぶ自然活動をしている『地球ハグ倶楽部』にて講座やワークショップで講師としてミツバチの大切さを伝えています。今後は友人が絵を、私は文を担当したミツバチ絵本を刊行予定も。いつか絵本が図書館にも置かれ、多くの子どもたちに読んでもらうことで、これからの時代を担う子どもたちが自然環境への関心を持ってくれたら嬉しいです。

 

―環境についての関心は以前からありましたか?

オーストラリアのジロング市(名古屋の姉妹湿地提携都市)で行われた干潟についての交流活動へ参加したことが大きかったです。私は中学2年生でしたが、現地の小学生が干潟や環境に対する意識が高いことに驚き、その出会いから環境保護に関心を寄せるようになりました。

 

―オーストラリアへの交流活動は今のゆうなさんに息づいているのですね。

はい。交流活動で知り合った仲間と高校で同じクラスになったこともあり、1年のときは一緒に名古屋市立大学のSDGs・シンポジウムに参加し、ミツバチについてのスピーチをしました。優秀賞をいただいたのも嬉しかったですが、それ以上にミツバチの大切さについて伝えることができて良かったです。

 

-今の学校教育で伝えてほしいことはありますか?

授業を通して自然教育や環境教育が広まっていくことでひとりひとりの意識が高まり、地球を守っていく活動につながると考えています。

 

-もし、ゆうなさんが今、大人でいろんなことをする力があったら何をしたいですか?

たくさんの学びの中では日常生活で使わないものも多いように感じています。その辺りを変えていけたらいいのかな、と。私自身、小学3年から6年までアメリカに住んでいたので、そのとき受けたSTEM教育がとてもよかったと感じています。それが日本の小中学校でも行われるようにしたいです。あと環境についても授業の一環として伝えていきたいです。

―10年後の夢についてお聞かせください。

以前は教育関係の仕事を…と思っていましたが、カフェ経験から販売の仕事にも興味が出てきました。来年は環境先進国でもあるフランスへ交換留学生として行きますので、さらに将来の夢が広がりそうな予感も。ミツバチたちに関してはヨーロッパのように公園のオープンな場所で飼われていて、人々に愛される存在になっていることを願っています。

 

今回のゆうなさんのミツバチ活動を取材し、ミツバチのことについて調べてみたところ、「世界の食料の9割を占める100種類の作物種のうち7割はハチの受粉を媒介としている」と国連環境計画(UNEP)アヒム・シュタイナー事務局長が2011年に報告されていました。ミツバチは生態系だけでなく、人間にもとても重要な存在であり、私たちの生活を支えてくれる生き物だとわかるとその姿を見かけたら感謝したくなりますよね。

 

今回、取材させていただくにあたり、お母様にもご同席していただきました。せっかくでしたのでお母様からみたゆうなさんについて、子どもたちが活動することについて伺ってみました。

 

娘は高校生ですが講師活動もしており、昔なら「大人になったら…」と思うことも実現させています。そんなティーンのパワーを傍で見ているので「大人にならなくてもできることはある。待たなくてもいいんだよ。」と多くの子どもたちにも感じて行動してもらえたらと思っています。ときには羽目を外すことも重要ですしね。

 

ゆうなさんは「私の活動を興味なさそうにみえて、すごく協力してくれている」ことに感謝しているそうです。心地よい距離感をお互いに保ちつつ支え合える。そんな親子関係がとても素敵に感じました。

そして何より、『ミツバチ愛』に溢れているゆうなさん。小さな生き物の命から育まれる大きな力があることを熱く語ってくれました。身近な自然に対して優しい気持ちをもつことが、子どもたちの将来住む環境を豊かにする一歩になること、その心を育てていく大切さを学ばせていただきました。

 

 

 

金田ゆうなさんが所属している地球ハグ倶楽部ではミツバチ講座のほか、自然を楽しむ様々な活動をしています。詳しくは公式サイトをご覧ください。  地球ハグ倶楽部

 

 

関連記事

Facebook