【募集中】子育てコミュニケーション心理学 入門講座

子育ての悩みは幼少期だけではありません

子どもが育つにつれ、さまざまな喜びとともに新たな不安や心配も増えてきます。それは子どもを愛しているからこそ起こる悩みでもあります。たとえば、このようなことで不安になったことはありますか?

子どもについて
・もっと子どもの気持ちを分かってあげたい
・同じように話していても上の子と下の子で伝わり方が違う
・注意してもまったく響いてないように感じる
・注意するとものすごく落ち込んでしまう
・一人遊びばかりしていて心配
・相談に乗ってあげたいけどどう伝えていいのかわからない
・効果的な誉め方、叱り方が分からない    …など

親としての自分について
・親に向いてないのかと不安になったことがある
・今も自分の親との関係性がよくないのでストレスに感じる
・自分の性格が原因で子育てや人間関係がうまくいかない気がする
・自分の親子関係がよくなかったから、それが子育てにも影響しているのではと不安
・子どもの言動にイライラさせられている
・いろんなことに自信が持てなくて自分を責めることが多い   …など

 

実はその悩みの多くは「性格タイプ」の違いによるものが多いのです。同じ家族であっても、行動や反応の仕方・気持ちの受け止め方が違うのはそのせい。

 

「ひとりで遊んでいる子ども。友達と遊ばないのが不安です…。」

そんな悩みをお持ちのお母さんもいらっしゃると思います。実はこの講座を学ぶ前は私自身もそのひとりでした。輪の中で、友達とともに過ごすのがベスト、と思っていた私。対して、ひとり遊びをしている子どもの姿は不安を抱かせ、「なんで友達と遊ばないの?」…などと伝えてみたり、“友達とうまく遊べないのは何か理由があるのかな…”と考えあぐねいたことも。

タイプの違いが分かったことで、私の心配が無駄なことだったことに気づけたのです。

 このように、大勢でいるのが安心する親がひとり時間を過ごす子どもに対して不安になるのも「性格タイプ」の違いによるもの。だからこそ、ひとりひとりのタイプに合わせた声掛けをしていかないと、その子にとっては負担に感じることも分かり、今では「ひとり時間も上手に過ごせる子」と理解するように。また、兄弟姉妹でも「その子」に合った声掛けを意識することで、ひとりひとりが持つ強みや良さを感じられるように変わってきました。

 

「わたし自身」を理解することの大切さ

また、「子育ては自分育て」とはいいますが、自分自身に不安や悩みを持ちながらの子育てはとても大変かと思います。だからこそ、自分が親から受けた子育ても気になるところでもあります。しかしながら、

・親と気持ちの理解がうまくいかない。
・親と他の兄弟姉妹が理解しあえるのに自分だけ違うから辛かった。

このような方は「性格タイプ」の違いについて、親が気づいていなかったのかも…。親があなたの個性を認めてなかったから今の生きづらさを覚えたのかもしれません。しかし、人はそれぞれに素晴らしい個性をもっているのです。

個性を認め、理解し、それに合った行動をすることでこれまでの自分から「本来のあなた」へ戻してあげることで、今よりずっと生きやすくなっていきます。そして何より、子育て期の今をこれまでよりもずっと楽しめる自分に出会えるのです

 

本来の子どもとあなたを活かす!

☑もっと子どもと気持ちを分かりあえるになりたい
☑子どもの心に伝わるように話をしたい
☑子どもの個性を活かしてあげたい
☑自分の不安を解消して良好な人間関係を築きたい
☑親としての自分に自信をもちたい

~つぎはあなたも。
子育てコミュニケーション心理学を学んで、子育ての悩み・ストレスを減らしていきませんか。

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ

 

 

「入門講座」詳細

日にち:随時開講(お問い合わせください)
時 間:10:00~12:30(受付:9:45~)
場 所:山手サロン(昭和区山手通1-17-1)
講 師:紅林満環子

お申込み:まずは以下よりご連絡ください。
入門講座以外の講座は、以下の申し込みページのコメント欄に記入ください。

申し込み&問い合わせ

 

 

 

 

最新の講座・イベント情報

Facebook

PAGE TOP