【終了】怒りって悪者なの?~お母さんのためのストレスマネジメント~

怒りって悪者なの?
~お母さんのためのストレスマネジメント~

『怒らない⼦育て』ができない私はダメな⺟親?

育児をしていると、頻繁に⽬にする【怒】という⽂字。あたかも『怒る』は悪くて『怒らない』が素晴らしい!というイメージが定着しているように思いますが、果たしてそれは本当にそうなのでしょうか?

あなたは何のために、伝えるのではなく、怒るのでしょう?⼦どもが怒らせている? ⼦どものやることが悪いことだから?

いいえ。
実は私たち⾃⾝が怒ることを選択しているのです。けれども、『怒ることは悪い事』という思い込みがあるために
お⺟さんたちは怒る⾃分を責めています。『怒らない⼦育て』の落とし⽳にはまってしまっていませんか?

 

怒りってコントロールできるものなの?

怒りをコントロールする⽅法は確かにあります。けれども、私たちが⼦育て中のお⺟さんたちにお伝えしたいことは感情をコントロールする⽅法よりも怒りにはとっても⼤切な感情が隠れているよ、ということ。

【怒りは悪】ではなく【宝】だとしたら?実は怒りの感情ほど、⼤切にして欲しいもの。なぜなら怒りの裏側には、あなた⾃⾝が抱える⽣き苦しさが隠れているから。怒りと向き合ってみると、⼦育てが楽になるだけではなく、あなた⾃⾝の⼈⽣が軽やかに、楽しくなってきます。

 

怒るということへの罪悪感を取っ払おう!

実はどんな感情にも、良いも悪いもありません。怒りだってそうです。怒ってもいいし、怒らなくてもいい。
⼦育てが楽しくてもいいし、楽しくなくてもいい。ポジティブでもいいし、ネガティブでもいい。そのどちらも間違いではありません。

怒る⺟はダメな⺟。怒らない⺟は良い⺟。⼦育てを正しい、間違っているの⼆択で考えると苦しくなります。
あなたの⼼に湧いた感情は、全てあなたを幸せにするためのもの。怒りであっても、悲しみであっても、⼤切なものに変わりありません。

 

⼦育てに必要なのは怒らないことではなく、怒りもOK!と思えること

怒ることがダメだと思っているのは、そもそも怒りについてよく知らないから。
育った環境や親の刷り込みで、それが真実だと思い込んでいるだけだから。
だから、まずは怒りの仕組みを知って、⾃分に湧き上がる怒りの感情を
ちょっと客観的に眺めてみましょう。
⾃分の⾔葉にして体の外に出してみたり、書き出しワークで⽂字にしてみたり、
ワークを進めるうちに、⾯⽩い真実が浮かび上がってきます。

 

怒りの奥にあるもの

⾃分⾃⾝に怒ることを許すと、⼦どもの怒りも受け⽌めることができます。『そんなことで怒らないの!』なんて声かけもなくなります。ご主⼈や職場の仲間の怒りにも振り回されなくなります。何より、あなた⾃⾝が⾃⼰嫌悪に陥ることがなくなります。あなたが怒りという感情にもOK を出せた時、⾒える世界が変わってくることでしょう。怒りの奥にある宝物に、⼀緒に⽬を向けてみませんか?

 

講座内容

・⾃⼰紹介
・アイスブレイク(共通点探し)
・最近、どんなことで怒りましたか?
・⼈の⾏動を4つのタイヤに例えてみると
・⾃分を満たすということは
・なりたい⾃分になるための書き出しワーク
・今⽇の振り返り

 

講師紹介

⼭本ゆき
MPU 認定トレーナー/ MPU プロフェッショナルコーチ

 

想像していた⼦育てと違った⾃分の⼦どもの育児はいつも苦しく、⺟として失格だと⾃分を責めていました。指⽰命令で育てた息⼦は、私が⾔わないと動けない指⽰待ち⼈間になり、そんな息⼦に不安を感じるようになった頃、コーチングに出会いました。そこで教わったのは、それまで信じていた正しい⼦育てとは真逆のこと。無我夢中でコーチングを実⽣活に取り⼊れているうちに息⼦は主体的に動くようになり、⼦育てが楽になっただけじゃなく、⾃分にも⾃信を取り戻すことができました。コーチングで⼈⽣が変わった私⾃⾝の経験を1⼈でも多くのお⺟さんたちに伝えようと、現在は⼦育てセミナーやママコーチの育成に⼒を⼊れています。

 

成⽥直⼦
MPU プロフェッショナルコーチ

不妊治療を経て、やっと⼦どもを授かったものの『〜するべき』という考え⽅が強すぎて、⼦育てが苦しくなっていました。でもコーチングを学ぶことで⾃分の思い込みに気づき、⾒⽅を変えるだけで⼦育ても、⾃分⾃⾝も楽に⽣きれるようになりました。苦しんでいる⽅に、少しでも寄り添うことができればと思っています。

 

講座詳細

◆日にち:2月6日(水)
◆時 間:10:00~12:00(受付9:45~)
◆場 所:山手サロン
◆受講料:3.000円(当日支払い)テキスト代込

申し込む

最新の講座・イベント情報

Facebook

PAGE TOP