進化し続けるJOSHIGOTO

第1フェーズ

2008年親子英語サークル主宰

JOSHIGOTOの原点は、代表理事の相田が立ち上げた親子英語サークルからスタート。立ち上げ理由は、息子のための幼児教室を20件以上見学したものの通いたい教室がなかったから。中学校教員、塾講師の経験を活かし、絵本を中心としたクラスを運営。口コミや紹介で瞬く間に満員御礼となりキャンセル待ちが出るほどになった。

 

 

第2フェーズ

2009年 ママ友3名で親子イベント団体(任意)を発足

ここから現在にもつながるイベント業務がスタート。自分たちの子どもたちも一緒に楽しめるイベントを企画運営。親子のふれあいあそび、知育、リトミック、絵本、ママ同士の交流など、飽きさせない内容が話題を呼び、ファンも増え、常に満員御礼のイベントとなる。

 

 

第3フェーズ

2013年 母親向けに子育て講座を開催

当時は子連れで学べる講座がほとんどなく、育児中の今だからこそ、この時間を生かして学びたいとの母親たちの声を受け、様々な分野の子育て講師たちを招致し、講座を開催。

 

 

第4フェーズ

2016年 一般社団法人JOSHIGOTO LINKの設立

親子イベント、母親向け講座と継続してきたことで、企業様や自治体からの委託業務が来るようになり、法人化を決意。またコーチングの養成講座なども開講し、これまでお客様として参加してくれていた母親たちが多くのコーチとし誕生し、講師・コーチのコミュニティーを発足する。

 

 

第5フェーズ

2019年 子育て情報誌「知育ism」を継承する

名古屋市内の幼稚園・保育園に約18000部、直接家庭へ配布されている子育て情報誌の編集発行の事業を引き継ぐ。取材を通して、様々な教育機関や自治体への信頼度もあがり、自治体の委託事業なども請け負うようになる。

 

 

第6フェーズ

2021年 名古屋市緑区のショッピングセンターの販促を任される

子どもを中心としたイベントを企画運営してほしいと、館全体のイベントや館内装飾を委託業務として請け負う。地域密着型SCを目指して、地域とのパイプ役も担う。2022年9月には近隣学区3区と共催して、地元のお祭りを開催。14000人もの来場者で賑わうお祭りとなった。

 

お問い合わせはコチラ