1. HOME
  2. 地元特集
  3. 「8割」を目指そう。~収納マスターからの学び②

AICHI

地元特集

「8割」を目指そう。~収納マスターからの学び②

小牧市にある住宅メーカー、株式会社マスターズ。
こちらは「お家は欲しいけど、予算的に厳しいのかも。」とか、「本当に住みやすい家にしたい。」…そんな多くの人が気になるポイントをしっかり押さえ、〈わたしらしい家〉を提案してくれるハウスメーカーさん。

よく、『家は3回建てないと理想の家にならない。』~と聞きますが、実際にそんなに家を何回も建てれる人はいないのでは?

一生に一度の家づくりなら、一回にバッチリ理想の住まいとしたいですよね。

そんな理想が叶えれる家だと、モデルハウスを拝見してひしひしと感じた私。

何より、女性目線の家。

痒い所に手が届く、って家でもあるのね~と感心したくらい。

 

さすが〈収納マスター〉のいるハウスメーカー!

これからお家を検討されている方はぜひともマスターズさんのモデルハウスを見に行って欲しいし、…建て替え予定のない人は見ないことをお勧めします。(ものすごーく羨ましくなります)

 

収納は数字で表せる


そのマスターズさんの収納マスター・舟橋さんより〈収納〉について学んだ私。

クローゼットに掛ける服の容量は〈8割まで〉に抑えるのがキレイに見えるコツ。」

 

そうは言われても「数字」が苦手な私。何か難しい計算とか収納に関係あるの?…と、思わず拒否反応。

そして、「せっかく収納(しまえる場所)だもの。いっぱい掛けていいんじゃない。」と脳内で呟いていたのですが、舟橋さんは、「空間を〈もったいない〉と思わないこと。そのちょっとした空間が大切。そして〈感覚〉ではなく、誰もが片付けやすい収納にすることが大切なのです。」…と話されていました。

 

〈もったいない〉が〈活きてくる空間〉になるなんて。

 

確かに見映えのいいクローゼットは〈見ていて気持ちいい〉と思っていたけど、使いやすさにおいて必要な空間だったと改めて気づかされました。

 

~ということで〈8割収納〉。

①クローゼットパイプに掛けられる洋服の枚数を算出。
ハンガーの長さ(㎜)÷ハンガーの厚み(㎜ )×0.8 = 適正な枚数

②掛けたい洋服の枚数に必要なパイプの長さを算出。
掛けたい洋服の枚数×ハンガーの厚み(㎟)÷0.8 = 必要なパイプの長さ

 

これを行ってことで見た目がスッキリするだけでなく、取り出しやすさ・しまいやすさが格段にあがるそうです!

 

ちなみにハンガーの厚みはですが、Tシャツ・ワイシャツ なら1~1.5cm。コートなら3㎝以上のものを選ぶと洋服をきちんとしまいながらも有効にクローゼットを使えるそうです。

また、春夏物は厚さが薄いので〈×0.8〉となりますが、冬物の場合は〈×0.6〉、クローゼット内がオールシーズンとなっている場合は〈×0.7〉で。そして、1~2枚多いのは気にしなくて大丈夫とのことでした。

 

早速、舟橋さんから頂いた知識を活かそう!…と自分のクローゼットをチェック!

枚数的には全然余裕♪…だけど、前にも話しているように自分のクローゼット内がなんかスッキリしていなくて気に入らない。

 

…そこにはハンガーの問題があったのです!

 

~ということで、次回は【ハンガーの選び方・使い方】についてお伝えします。

 

 

収納マスター・舟橋さんによる〈収納勉強会〉
次回は…9月20日(日)に開催されます。

日時:9月20日(日)13:00-14:00
場所:株式会社マスターズ・ピエスタ事務所

お申込み・詳細はこちらをクリックしてくださいね。