1. HOME
  2. 取材記事
  3. 男の子ママのリアル! 子育てのカタチ〈ラッキー8さんの場合〉

取材記事

「知育ism」

男の子ママのリアル! 子育てのカタチ〈ラッキー8さんの場合〉

みんな違って、あたりまえ!

「男の子だから元気いっぱいで、外あそびが大好き。」
「女の子だから家でのあそびが一番楽しい。」

…本当にそうなのでしょうか?
親に個性があるように、子どもだってあたり前のように個性があります。それと同じように、楽しみ方にも性別の違いはありません。男の子だってお人形あそびや絵を描くことが好きな子がいたり、乗り物好きや外あそびが好きな女の子だっています。

「こうあるべき」、はないのです。

その子育て期を支えるママたちに一人ひとりの子育てライフを聞いてみました。
今回は男のママ4人。それぞれのママと男の子の生活を感じてみてください。

 

ラッキー8さんの場合〈3歳と1歳の男の子ママ〉

子どもに対して大変というより、子育ては自分との戦いですね。上の子(3歳)が自由人なので、わかっていても同じ歳の子と比べてしまう自分がいたり…。あれこれしたい自分もいるのですが、怪我が絶えない・外出しても一人でフラフラどこかへ行こうとする子どもに、一日中ずーっと目が離せないです。それでも、ずっと一緒にいられるのは「今だけの特権」だからこそ、思いっきり子どもに付き合おうと努力中です。

 

 

そんな自由人な息子(3歳)の謎な行動は鼻くそを食べること。ある日突然始まっていました。最近では気付くと鼻をほじっているので鼻血率も高いです。あと、兄弟揃ってオチンチンが大好き。触っていたり、気付くと出していたり…男の子あるあるでしょうか(笑)理解できないですね。

 

ドラマや映画を観て現実逃避するのが好きなんですけど…、つい子どものおもちゃや遊び場などをネットで調べている自分がいます。なんだかんだ言って子どもが喜んでくれる顔が私の癒しにもなるのでしょうね。

 

 

だからこそ、子どもの無邪気な笑顔はそれだけで十分な幸せを感じます。よく男の子は「小さな彼氏」って言いますよね?ママにしか見せない顔や声を持っているんですよ(笑)それがめちゃくちゃキュート!最近では下の子(1歳)も真似してきて、とっても幸せです♡

 

 

 

*お名前はママより提供いただいたペンネームです。
*写真はイメージ画像です。